MENU

このような病気に太っていると、なってしまうことがありますが、さまざまな健康問題がそれ以前にも、でてきます。「筋肉なんてスポーツをしているわけではないから必要ない」ということはありません。

 

動くのがおっくうになって筋肉が不足してしまったり、重たい体を支えるためにヒザや腰が痛くなってしまったり、という問題です。洗濯機も食洗機も昔の人はなく、掃除機もありませんでした。

 

肥満を解消することによって腰痛やヒザ痛というのは、改善されることも夥しいものです。でも、家事にかかる肉体的な負担は現代では小さく、車移動によって歩くことのない人も増えています。

 

車ももちろんありませんし、今ほどバスや電車も発達していません。太り気味の人もいれば、標準体型の人もいますし、ダイエットを痩せているのにしている人もいます。

 

「健康目的」の人もダイエットをしている人の中には夥しいと思います。さまざまな人がダイエットをする人にはいます。

 

ですから、殊に意識しなくても、昔は十分運動していたのです。すると、ちょっとしたことで最低限の筋肉すら失われてしまい、すぐに疲れてしまいます。

 

肥満の人だけではダイエットをするのはありませんよね。それでも年頃うちは大丈夫かもしれませんが、体が加齢とともに自由に動かなくなる、というのは生活の質をかなり低下させてしまうことになります。

 

また、筋肉不足も太っていると深刻な問題です。「メタボ診断」というものが2008年から登場し、その予備軍であるメタボリック症候群を改善するべきだ、と糖尿病や脳梗塞といった病気を予防するためにされています。